刺青の除去はどこで行うのか

刺青の除去はを刺青を入れたところでは、行ってもらう事ができません。

刺青の消す行為は、医療行為となりますから、クリニックでのみ、行う事ができます。

皮膚科や美容整形外科で行う事ができますが、手術を選ぶ場合には、形成外科などを受診すると良いでしょう。

どのクリニックであっても、保険は適用となりませんから、実費で全ての医療費を支払わなければいけません。

刺青の除去を、できるだけ安く済ませたいと考えるのであれば、美容整形外科よりも、皮膚科や形成外科の方が良いでしょう。少しでも傷痕を目立たなくさせたいと考えるのであれば、美容整形外科による、術後の肌ケアも行ってもらうと良いでしょう。

クリニックを選ぶ場合には、そのクリニックが刺青の除去に長けているのかを調べてから出向くようにしましょう。

切除法や、皮膚移植が目的で、皮膚科に出向いても、個人経営の皮膚科では、大掛かりな手術は行ってもらう事ができませんし、皮膚科によっては、刺青を消すためのレーザーを用意していない場合もあります。


医師の腕によっては、傷跡に違いが出てしまいますから、少しでも綺麗な状態を保ちたいと考えるのであれば、刺青の除去に定評のあるクリニックを探すようにしましょう。

ネットを利用すれば、刺青を除去することができるクリニックはすぐに見つかりますし、おおよその金額もホームページに書かれている事と思いますから、自分に合ったクリニックを探しやすいと言えるでしょう。

刺青の除去にかかる費用

刺青の除去にかかる費用としては、除去の方法や、刺青の大きさによって違いますし、クリニックによっても違いがあります。

皮膚移植や、切除法を取り入れた場合には、20万円から50万円程度の費用がかかりますし、レーザーによる除去の場合には、20万円から80万円程度の費用が必要となる場合が多いとされています。

手術を行い、皮膚移植や切除術を取り入れた場合には、医師と相談をし、おおよその費用を出してもらう事が可能となりますから、追加で料金が必要となってしまう事はないのですが、レーザーによる除去の場合には、人によって効果に差がありますし、深くインクが入り込んでいると、それだけ回数を多くこなさなければいけないため、確実にいくらで完了するという金額が出ません。

そのため、人によっては、100万円以上かかってしまう事もあるとされています。傷痕が残らないため、レーザーは刺青の除去に非常に人気が高いのですが、カラーを多く使っていると、消えるまでに時間がかかってしまったり、何度レーザーを受けたとしても、完全に除去することができず、刺青が薄くなる程度であるような人もいます。

レーザーによる刺青除去の場合には、一気に数十万円を支払うのではなく、1回の施術が数万円程度となり、クリニックに通う度に、お金を支払うような方場合が多く、金額が高くなってしまっても、それほど負担に感じない人が多いとされています。

すぐにでも、刺青を失くしたいと考えるのであれば、切除法や、皮膚移植を取り入れる事をお勧めします。傷跡は一般的な手術痕のように見えるので、刺青があったようには見えないものです。

クリニックを選ぶポイント

刺青の除去法を選ぶ場合、大きさや術後の経過によって、選び方は異なります。

刺青の除去を考えた時、レーザーを利用したいという人は非常に多いのですが、レーザーは確実に刺青を除去することができると確定している方法ではなく、医師からはあまりお勧めされない場合が多いとされています。

刺青の範囲が広い場合には、植皮法を選び、他の部分からの皮膚移植を行うと良いとされていますが、背中一面に刺青が入っているような場合には、削皮法しか、選ぶことはできません。比較的刺青が小さい場合には、切除法を取り入れると、除去までの期間が短く、お勧めであるとされています。

切除法の場合には、刺青がある部分の皮膚を切り取って、周りの皮膚を引っ張って縫い合わせるという方法となりますから、傷口が、1本の線となっている事が多く、それほど見た目がひどい状態にはならないとされています。

医師によって、お勧めされる除去法は異なりますから、医師と良く相談をした上で、どの除去法を取り入れるのかを決めるようにしましょう。

どの方法を選んでも数十万円単位のお金が必要となりますし、保険が適用とはなりません。

全ての刺青を消し去るまでには、綺麗にするまでの期間が必要となってしまうため、今日明日、すぐに刺青を除去することができるわけではありませんから、除去法をしっかりとメリットとデメリットを調べた上で、医師と相談すると、除去が失敗に繋がりにくくなることでしょう。

色々な除去法

レーザー

レーザーを利用して、刺青除去をする方法を選ぶ人は非常に多いとされています。

レーザーの人気がある理由としては、他の除去法のように、手術を行うわけではないため、傷跡ができてしまうという事がないからです。

大きな刺青の除去もすることができるレーザーですが、レーザーは、カラーに弱く、カラーである方が、消すまでに時間がかかってしまうとされています。黒一色であると、比較的早く刺青が目立たなくなるのですが、様々なカラーを利用していると、それだけ効果が出にくいとされていますし、何度もレーザーを照射することで、肌がかたくなってしまう人もいますし、完全に刺青が消えず、薄くなってしまうだけのような人もいます。

人によっては、レーザーでは消すことができず、100万円近いお金を使ったのにも関わらず、刺青が残ってしまい、その他の除去法を取り入れざるを得ない人もいます。

レーザーは、何度も繰り返して照射することで、徐々に刺青を薄くしていく方法となりますから、レーザーが完了する回数は、人によって違います。

黒一色であったり、あまり深くまで彫られていない人の場合、数回のレーザーで綺麗な状態を作ることができる人もいますが、深くまでインクが入り込んでいる人や、カラーが多く使われている人の場合には、2年以上の期間が必要となってしまう事も多いとされています。

レーザーは人気が高い方法ですが、確実に刺青を除去することができる方法ではないという事を理解した上で施術を受けましょう。

どのくらい痛みが伴うのか?

刺青の除去を行う場合、方法によっては、強い痛みを伴う場合もあります。

レーザーを利用した刺青の除去は、光を肌に照射するだけであっても、照射と共に、バチッと体に響くような痛みを感じる人が多いとされています。肌の奥深くにまでインクが浸透している人の方が、それだけ強い痛みを感じやすいとされています。

その他の切除法や、植皮法、削皮法の場合には、局所麻酔を行いますから、手術中は痛みを伴う事はありません。ですが、麻酔が切れてしまった後は、皮膚に傷をつけているわけですから、数日間から数か月間、痛みが伴いますし、人によっては、化膿してしまうような人もいますから、ずきずきと何か月も痛みが残ってしまうような人もいます。

刺青を入れる時にも、痛みを伴う事と思いますが、刺青の除去の方が、痛みは強く、術後の治りが悪い人の場合、異臭を放ってしまったり、ガーゼをつけっぱなしにしておかなければいけないような人もいます。

刺青を入れてしまうのは簡単ですが、除去の方がお金も期間もかかりますし、元の肌に戻すことはできませんから、刺青を入れる時には、後悔がないようにしなければいけません。

痛みを我慢する程度であれば、問題ないと思っている人も多いかと思いますが、術後の経過が悪く、数か月間、ずっと傷口がジュクジュクしているような状態が続いてしまうと、メンタル的にも、参ってしまう人が多いとされていますから、覚悟の上、刺青の除去を取り入れるようにしましょう。

刺青の除去をするメリット

刺青を除去するメリットとしては、今まで刺青があることで、肌を出すことを躊躇してしまっていた人の場合、肌の露出に対して、抵抗がなくなるという事です。

若い年代であれば、刺青はファッションとなりますから、かっこいいと思われることも多いですし、人に見られたとしても、抵抗を感じない場合が多いのですが、歳を重ねると共に、刺青を恥ずかしいと思う人は多いとされています。

若い時に好んでいたデザインであったり、その当時付き合っていた人のイニシャルなどを刺青にした場合、多くの人が年齢と共に、刺青の除去を検討するとされています。

どんな刺青であっても、刺青があると、プールに行く場合には、刺青を隠す水着を着用しなければ、入ることができない場合がほとんどとなりますし、温泉などの温浴施設でも、刺青がある人はお断りとしている場合が多いとされています。

そのため、今まで楽しむことができなかった場所でも、刺青の除去を行う事で、傷跡が残ったとしても、刺青自体が消えますから、出向くことができる様になるのです。

子どもができた時に、親に刺青があることで、プールや温浴施設に出向くことができないという不憫な思いをさせてしまう事もありません。

刺青は、昔の日本では、暴力団が行う行為であったため、社会的に受け入れられていないのが日本の現状です。今後刺青に対する日本の理解がどこまで深まるかはわかりませんが、刺青を除去することで、様々な制限を受けずに生活を送ることができる様になるでしょう。

除去する人の割合

刺青の除去を考える人は非常に多いとされています。

女性の場合、7割の人が刺青の除去を検討するとされています。男性の場合には、4割程度となりますが、若い頃に入れた刺青は、ほとんどの人が後悔をすると言われています。

暴力団として、背中一面に刺青を入れた場合は別として、ファッションの一部として、刺青を入れた場合、結婚や出産を機に、刺青を除去したいと考える人が非常に多いとされています。

最近では、若い世代では、刺青を入れる事がかっこいいと思われることも多いですし、ファッションの一部であるため、違和感なく、安易な気持ちで刺青を入れてしまう人が多いのですが、20代後半になると、刺青の除去を行う人が増え始め、20代後半から30代前半までに刺青を消すために、何らかの方法を取り入れる人が多いとされています。

除去法を取り入れる理由として一番多いのは、家族の反対があるからという人が非常に多く、その他の理由としては、仕事をする上で、刺青を入れていると、社会的心象が悪くなってしまう事を理由に除去を取り入れる人が多いとされています。

その他にも子どもに悪影響を与えてしまうと考え、子どもが小さいうちに除去してしまいたいと考える人もいます。若い世代の時に、どんなに良いと思っていたデザインであっても、歳を重ねても同じデザインが好きなままである人は少ないですし、年齢に合っていないような場合もあります。

自分自身で刺青のデザインに飽きてしまう事もありますから、刺青を入れる時には、除去の事も考える事が大切です。

終わるまでの期間

刺青の除去は、取り入れる方法によって、除去することができるまでの期間が異なります。

レーザーを取り入れて除去を行う場合、早い人で、1年程度で刺青を消す事ができる人もいますが、2年から3年程度かかってしまう人もいます。

切除法の場合には、刺青の範囲が広いと、1度では除去することができず、2回にわけて切除する場合もありますが、1度手術を行い、抜歯をするまでに1週間程度の期間が必要となります。植皮法の場合には、皮膚が定着するまでに10日前後かかるとされています。

削皮法の場合には、手術後、1ヶ月から3か月程度、ガーゼをつけておく必要があります。

様々な刺青除去法の中で、非常に早く刺青を消すことができるのは、切除法となりますが、広範囲の刺青には利用することができませんし、傷をできるだけ小さくしたいと考える場合には、分割切除を取り入れる事も可能となりますが、それだけ長い期間がかかってしまうと考えましょう。

刺青を入れると時には、短時間であっという間に行う事ができてしまうのですが、刺青を除去するためには、1日2日ですぐに除去をする事ができるわけではありません。

除去を考えた時、少しでも早く除去したいと考える人が多いとされていますが、元の肌に戻すためには長い期間がかかると考えましょう。

刺青を入れたことを後悔してしまう人は非常に多いとされていますから、刺青を入れる前には、除去の事も視野に入れる事が大切となります。

刺青除去の後遺症

刺青を除去したと、後遺症として、何らかの症状が残ってしまう場合があります。

レーザーを利用して刺青を消した場合、何度も、同じ部位にばかりレーザーをあてることになりますから、1部分だけ皮膚がかたくなってしまうような人が多いとされています。中には、レーザーの回数が多くなると、効果が出にくくなってしまうような人もいます。

切除法を取り入れた場合、皮膚のひきつれが起こってしまいます。胸の刺青を除去した場合、胸のひきつれにより、乳首の位置が左右対称にならなくなってしまう場合もあります。

皮膚を切り取ってしまうため、神経などを傷つけやすく、後々しびれを感じてしまう人も少なくありません。

皮膚移植を選んだ場合、皮膚が定着せずに、何度も手術を行わなければいけないような人もいますし、傷跡が非常に大きくなってしまったり、目立つ状態となってしまう人が多いとされています。
削皮法を選んだ場合には、深く削り取るとそれだけ傷が治りにくくなってしまいますし、やけどの後のような、ケロイドと呼ばれる状態になってしまう事もあります。

どの刺青除去法を選んだとしても、デメリットがありますから、除去を検討する場合には、デメリットをしっかりと理解した上で、除去を行うようにしましょう。

傷を作りたくないからといって、レーザーを選んでも、結果的に刺青全てが消えず、綺麗な皮膚にならないような人もいますから、メリットだけではなく、デメリットも確認することが大切となるのです。
後悔しない方法を探し出して、満足ができる結果を手に入れましょう。

刺青の除去で失敗しないために

刺青の除去を失敗と感じてしまう人の場合、除去法についてしっかりと調べていない事で、失敗に繋がってしまう人が多いとされています。

レーザーを繰り返しても、刺青が消えず、失敗と感じてしまう人もいますし、手術により、刺青の除去を行った場合、思っていたよりも、傷跡が大きくなってしまったり、術後の肌の治りが悪いことを失敗と感じてしまう人もいます。

メリットとデメリットを調べておけば、自分にもデメリットが起こってしまう事を理解した上で、除去法を取り入れる事ができるのですが、良く調べないまま、医師の話しのままに、除去法を選んでしまうと、失敗となってしまう事がありますから、注意しましょう。

刺青が消えれば、傷跡が残ってしまっても、仕方がないと感じる人も多いのですが、刺青の数が多いと、それだけ傷跡の数が多くなってしまいますから、刺青があったことを隠したいと考えても、隠し切れないような場合もあります。

手首に刺青を入れる人もいますが、切除法により、手首の刺青を消した後、1本の線が残ってしまうことで、自殺未遂をしたように思われてしまう事もありますから、どのような除去法があり、除去法を取り入れた後の肌がどのような状態になるのかを確認した上で、除去法を選ぶことが大切となります。

刺青の除去を取り入れた後、失敗と感じてしまっても、元の肌には戻せませんし、お金もかかってしまった後となりますから、クリニックに出向く前に、情報収集を行っておくようにしましょう。
日本刺青衛生協会