刺青を隠す方法とは

刺青の除去が完了するまでは、刺青がある部分を隠したいと考える人も多い事でしょう。
刺青を隠すためには、刺青がある部分を露出しない洋服を選ぶことが大切となります。

刺青はファンデーションを利用しても、簡単に隠すことができる物ではありませんし、小さい物であれば、絆創膏などで隠すことができますが、大抵の人が、絆創膏では隠すことができない大きさの刺青を入れている事が多いため、洋服で隠す方法が一番取り入れやすいとされています。

刺青を隠すために利用することが多い方法としては、水ハジキをするコンシーラーを厚めに塗るという方法や、茶色のサロンパスを貼るという方法、テーピングを何重にも巻いて隠すという方法もあります。

隠さなければいけない機会が多い人の場合には、思い切って刺青の除去を検討することも良いでしょう。

刺青の除去を行えば、刺青を隠す必要がなくなりますから、それだけ手間が省けますし、傷跡であれば、刺青を隠している状態よりも、理由を見つけやすいと言えるでしょう。

隠せば、プールや温泉などの温浴施設に出向くことは可能ですし、監視員に指摘されてしまう事はありません。

ラッシュガードを利用すれば、隠すことができる部位であれば、水場でも、刺青を気にする必要はないのですが、手の甲や、指、うなじや耳の後ろなど、簡単に隠すことができない場合には、隠さなければいけない状況から逃れるためにも、刺青除去を検討すると良いでしょう。

刺青の除去を考える

刺青とは、体の一部に刃物や針などを利用して肌に傷をつけ、その中にインクを入れる事で、肌に絵や文字を入れる行為となります。墨汁や鉄などの色素を利用して肌に色を入れ込み、様々な色合いを出すことができます。

好きなデザインの絵を入れる人もいれば、好きな人の名前を彫る人もいますし、指輪代わりに、左手の薬指に指輪を彫るという人もいます。好きな場所に好きなようにデザインをする事ができるのですが、刺青は、海外では普通に行われている事が多いのですが、日本ではあまり良い印象を持たれることがありません。

刺青を入れている人は、温浴施設や、プールなどではお断りとされている場合が多いですし、刺青を入れている事で、就職が採用にならないといった事例もあります。

刺青を一度入れてしまうと、自分自身では消すことはできません。刺青を除去するためには、美容整形や皮膚科などで、手術などの方法を取り入れなければ、消すことができません。

刺青を入れた当初は、満足のいくデザインであっても、歳と共に、自分には不向きであると感じる事もあります。

社会的に受け入れられていない事もあり、刺青の除去を検討する人は非常に多いとされています。

刺青を除去した後は、必ず跡が残ってしまいます。刺青の大きさが大きければ大きいほど、傷口は大きく残ってしまいます。

どんな除去法を取り入れた場合でも、刺青の除去をする場合には、刺青を入れる前の元の肌に戻ることはないという事を理解した上で行う事が大切となります。

トップへ