多くの人が不快に思う

20代や30代である人の場合、刺青がかっこいいと思う人は、全体の10パーセント程度いるとされており、刺青に対し、特に何も感じないという人が全体の60パーセント程度いるとされています。

ですが、50代から60代になってしまうと、刺青をかっこいいと思う人は、1パーセントにも満たないとされており、不快であると答える人が、全体の70パーセントから80パーセント近くいるとされています。

50代、60代で、刺青に対し、なんとも思わないと考える人の割合としては、20パーセントとなっており、歳を重ねるにつれて、刺青に対する理解が得られていない事がわかるかと思います。

若い世代では、刺青に対し、何も感じなかったとしても、日本人は刺青に対し、良い印象を持っていない人が多いため、歳を重ねると共に、不快に感じる人が多いのでしょう。

若い年代で、刺青を入れたとしても、刺青を除去する人は7割もいるとされていますから、自分自身で良いと思って入れた刺青であっても、刺青の除去を選ぶ人が非常に多いとされていますから、日本ではまだ刺青に対し、馴染みがあるとはいえませんし、今後、理解が深まっていくこともないと予想されています。

刺青があることだけで、就職の内定が取り消しになってしまうような人もいますし、婚約していたとしても、相手側の家族に反対されて、破談になってしまうような事もあります。
刺青を入れた当初は満足していても、人生の足を引っ張ってしまう可能性もありますから、早めに刺青の除去を検討するようにしましょう。

トップへ